料理が美味しくなる魔法。

3月に、お肉がとても安いスーパーに連れて行ってもらって、たっぷり買い込ませてもらった。

春野菜も美味しいこの季節、メニューを考えるのがとても楽しい。すぐにメニューごとに小分けして冷凍。

考えたメニューは、面白いから居酒屋のお品書きっぽくしてサロンのバックヤードに張り出してみた。

一度食べたらすぐに売り切れる笑

お肉料理をあんまり立て続けに食べるのも良くないから毎日このメニューが登場するわけではないけど、順調に売り切れてきてる。全部売切れたらまたあのスーパーに連れて行ってもらおう。

-------

ひとつひとつの料理に名前を付けてあげると、いつも作ってるものでもちょっと特別なものに感じるから不思議。作る人もその料理への愛が増すし、食べる人もそれは同じみたい。

↑国産霜降りサーロインステーキ【350g】土鍋炊きご飯とともに…

↑たっぷり明太子の絶品クリームパスタ

↑新玉ねぎどっさり入れていただく大盛りつけ麺。しかも石鍋スープであっつあつ

↑涼子初トライ!本格チキンビリヤニ ライタ添え

------

どんなネーミングをつけるか。それだけで料理の美味しさは間違いなく変わるらしいっていうことを最近実感している。

数日前、ほうれん草のソテーを作ったら火を通しすぎてほうれん草がぐでんぐでんになっちゃって、あー失敗。なんて思ってたんだけど、「これは”とろける”ほうれん草だね」ってサヤカさんが言ってくれて、その通りにしゃちょーに出してみたらバクバク食べてくれた。

なるほど確かに、これ失敗してぐでんぐでんなっちゃったほうれん草のソテーです。って言われるよりも、とろけるほうれん草のソテーです。って言われたほうが断然わくわくするしなんだかそれだけで美味しそうに感じる。

失敗かと思いきやの大成功。ほうれん草も浮かばれたことだろう。やったね!

せっかく美味しく食べてもらいたくて作ってるんだもの、どんな思いで作ったのかとか、ちょっとした自分のこだわりなんかも料理名に詰め込んで、とびきりおめかししたネーミングをつけて食卓に並べたいものです。

いつもの食事がまた一段と美味しく楽しくなるはず…♪

――――――――

「しゃちょー、これは”とろける”ほうれん草のソテーです!」

 

「ほんとだ!とろけた!美味しい!!」

 

美味しい?

そうでしょうそうでしょう♪

ではまた。

2件のコメント

  1. りょうこちゃん
    どのメニューも食べたいと思わせるネーミングセンス、センスだけじゃなくて、美味しくさせる愛情、そして腕前
    ランチ付きのメニューができること、心待ちにしています(^^♪

    ゆり

    1. 友里さんコメントありがとうございます!
      とても嬉しいですー♡
      皆さんがいろんな角度から褒めてくれるので料理が好きになりました(*´˘`*)
      ランチやる時はぜひ友里さんに食べてもらいたい〜♡

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です