効果が出やすいマッサージの力加減の話。

日本人は強めのマッサージを好むと聞いたことがありますが、みなさんはどうですか??

なぜなのか、「痛いほうが効いている感じがする」と考えている方が多くて、強圧のリクエストもよく受けるのですが、痛いから効く。強いから効く。はちょっと違うのです。むしろ、身体にとっては逆効果になることもあるのでその考えは少し注意が必要。身体を効果的にゆるめていくには、守っておきたい順番があるので、今日はそれについてお話しさせてください。

人の身体にはたくさんの筋肉がついていて、しかも一つ一つが独立しているわけではなく、重なりあってくっついています(ミルフィーユみたいなイメージ)。その中でも、一番表面に近い筋肉からゆるめて、徐々に深い筋肉まで。ミルフィーユを一枚一枚剥がしていくような、この順番が大切で、最初から深い部分をゆるめたいからとぐいぐい強い力をかけてしまうと、身体が驚いて無意識にギュッと固まってしまうのです。

筋肉って響きは強そうなんですけど、実際はなかなかデリケートなもので、強い刺激を受けると身を守ろうとして、ますます固めます。ゆるめたいはずのマッサージだったのに結果、より固くなるという嬉しくない現象が起きてしまうんです。固くなると感覚もどんどん麻痺するから、この前より効かないなあ、もっと強めにしてもらおう。なんて、ますます強い刺激を求めるようになっていくのです。せっかく時間もお金もかけているのに、こんなのもう、めちゃめちゃもったいない。

正しい順番、適切な圧でゆるめていくと、浅いところから深いところまで、溶けるようにセラピストの指が無理なく浸透していくので、本来マッサージに強い力は必要ありません。受け手の身体も「強い刺激」という負担がないから、ますますリラックスしてゆるみやすくなります。そして、だんだんと表層がゆるんで、だんだんと深い所に圧が入っていく感覚が、受けていてとっても気持ちいいので、良かったらぜひそのあたりも意識して感じてみてください♪

反対に、少しの刺激でも痛いと感じる方、弱めのマッサージがお好きな方ももちろんいらっしゃるかと思います。そういう場合には、調整しながらよりゆっくりとゆるめていきます。刺激の受け取り方は本当に人それぞれなので、カウンセリングの時でもいいですし、実際受けていて少し刺激強すぎるな、と感じた時でもいつでも構いません。遠慮なく教えてくださいね。

ありがたいことに、最初は強圧希望だったお客さまでも、そんなお話しをすると理解してお任せしていただけることがほとんどです。セラピストが細かいところまでしっかりと感じ取りながらゆるめていくので、ぜひ信頼してお身体預けてくださいね。

 

 

☞MENU

☞ご予約はこちら♪

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です