化粧水で肌がもちもちに潤う。

とても寒いですね。今日の鵠沼海岸は雪がシトシト降っていました。

−−−−−−−−−−−−−−−

先日、SandySPAのフェイシャルの新メニュー、メタジェクトの施術をしていたときのこと。はじめにお肌の水分量を測るんですが、その方の水分量が最初の時点で平均値よりもかなり高めだったんです。日焼けもよくされるそうで、だから肌ダメージも多そうな気がしていたのに、とても不思議でした。

お肌の水分量のはなし。

水分量ってとても大事です。お肌に水分が足りていないと、肌がかさついて、弾力やハリがなくなって、たるみやしわが目立ってきてしまいます。それに加えて、今度は乾燥を守ろうと皮脂を分泌しだすので、肌表面はベタついているけれど実は内側はどんどん乾燥が進んでいるなんてことにも。オイリー肌だから乾燥していない。というわけではないのです。

カサカサしているわけでもなく、ベタベタするわけでもない。水分と、その水分を逃さないようにしてくれる油分のバランスがきちんととれているのが理想の水分量です。

ちなみに、健康的な肌で平均20〜30%の水分量、40%を超えると理想の水分量なんですが、その方は40%超えてました。これって結構すごいこと。

−−−−−−−−−−−−−−−

それを伝えると、そういえば、サヤカさんに教えてもらった化粧水の使い方を3週間前から毎日実践してるんです。と。なるほど。その方法はわたしも前に教わったことがあって、それをやってからお肌が驚くほどもちもちに、化粧のノリも良くなったことを思い出しました。あの水分量の高さのわけは、これに違いありません。

そう思ったので、ここでも紹介させてもらいますね、おすすめです。

【抜群に潤う化粧水の使い方】

1.洗顔後、いつも使っている化粧水を適量肌になじませる。
2.これを3〜5回、お肌に浸透しきったと感じるまで繰り返す。
3.完成。お肌がかなりもちもちしっとり潤います。

−−−−−−−−−−−−−−−

基本的にいつも通りのケアでいいんです。ただそれを複数回繰り返すだけ。はじめて教えてもらった時、まさに目から鱗でした。化粧水って大抵は1回なじませて終わりにしませんか?でも乾燥した肌には実はもっともっと必要なんです。

最低でも3回は繰り返し化粧水をなじませてみてください。日によって乾燥具合も違うので、まだまだ肌に浸透していくなって感じたら入るだけ何回でも。コットンでやってもいいですが、わたしは手でなじませてます。その後、美容液やクリームの流れです。

化粧水をそんなに使うなんてもったいないなあ。って思うかもしれません。そんな時は、少し安めの化粧水でやるのがいいです。良い化粧水をちょっとずつちょっとずつ使うよりも、安価でもいいからたっぷりと、あなたのお肌に必要なだけ使ってあげることが大事なのです。

−−−−−−−−−−−−−−−

そうそう、ちょっと話逸れちゃいますが、スキンケアの中でも、とくに美容液にこだわる。っていう人が多いんだとか。確かに、美白だったり保湿だったりアンチエイジングだったり、そんなことに効く美容エキスが濃ゆーく、たっぷり含まれてますから、美容液だけでも良いものを!となるの、とてもわかります。

でもでも、それとセットでぜひ覚えておきたいのが、どんなに魅力的な成分が沢山入った美容液でも、お肌が乾燥している状態では浸透していかない。っていうことなんです。

だから、まずはちゃんと浸透できるようなお肌の土台を作っておくことがとっても大事。そう、美容液の前段階である化粧水が、とっても大事。ここでしっかり潤わせておけば、こだわりの美容液もぐんぐん入り込んで、効果も抜群にあがります♪

一度試すとわかります。ぜひやってみてくださいね。ではまた!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です