親に感謝を伝える。

昨日は急に思い立って実家に行ってみました。

お昼、わたしが作ったポトフを食べてたユースケさんが、本当に美味しい食事ってこういうことをいうんだと思う。と突然言いました。外食とかも美味しいけど、それはお出かけしてるワクワクとかいつもと違う場所で食べるワクワクが加わってるから美味しく感じてる部分も多くて、だからこの何の変哲もない日常で、なんのフィルターもかかってない状態で美味しいと思うこのポトフが一番美味しい。って。

それは良かったです。ってさらりと返したんですけど、後からすごいこの言葉がしみてきて、とても嬉しくなって、伝えてもらうってこんなに嬉しいことなんだなあと実感しました。

この前のブログで親のことをかいた時に、今度実家に帰ったら感謝の言葉を伝えようと思ってたんですが、これがあってなんだか無性にいま言いたくなっちゃって、急遽実家に行ってきました。帰った時に伝えようと思ってたけれど、伝えるために帰るのもいいものですよね。

娘のいきなりの訪問に、親もどうしたの顔で、「お金が要るの!??」と。金の無心と思ったようです。なんて失敬な。笑。(でもこれに関しては数々の前科があるので何も言えない)

久々に母が作ったご飯を食べました。そうそう、うちはいつも野菜中心のご飯だったな。食事中はずっとおしゃべり。すごい大きなブロッコリーが安くで買えた話を興奮気味に語る母の口調がおばあちゃんにそっくりで、私も将来こんな感じになるのかしら、なんて思ってました。親子って似ますよね。

夜にマッサージをしながら、いつもありがとう。今日はこれが言いたくて帰ってきたよー。って言ったらなんや気持ち悪いなあ。と、予想通りの反応が。だってこんなこと言いそうもない娘ですもん。ふっふっふ。

ちゃんと受け取った?わたしの感謝の言葉受け取った?

はい、受け取りました。

さすが、このリアクションの薄さ。こういうところがわたしは母に似ている。でもいいんです。最初はこんなもんで。

一番照れくさくて言いづらかった親に伝えることができたから、これからもういろいろ大丈夫な気がしています。

今は電話やLINEでなんでも話せる時代だけれど、直接伝えるのもとても大事。

みなさんもぜひ、伝えたい時に伝える。やってみてください♪ではまた〜。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です