一番の味方、両親の話。

みなさんの一番の味方って誰ですか??今日は親とわたしの関係を、私目線でお話しさせてください。

わたしの親はそれはそれは真面目です。学生時代はきっと優等生タイプだったに決まっている。高校を出たら大学に入って、大学を出たら就職して、結婚して、子供が生まれる。このルートを歩んできた親にとってこの生き方は多分いちばんのおすすめだし、当然わたしもそうなると思っていたと思う。

ところがどっこい、わたしはすすめられて入学した大学附属の高校を早々に辞めて(よその高校に編入した)、なんならその後資格取得のために入った専門学校も中退した。正社員にならずにフリーターを続け、やっとこさこれだ!と決めたのが収入や就業時間が安定しないセラピスト。ついでにいうと、結婚する気配は微塵もありません。

わたしが歩んできてるこのルート、親からするときっと考えられないことだらけで、だから当然、いままで沢山ぶつかりました。わたしは頑固だから結果的にはいつも自分の意見を押し通してきましたが、本当に好き勝手やらせてもらったなあと思います。心配も迷惑も人一倍かけてきました。

でもそれをしてきてわかったことがあって、それは、親はわたしを望みどおりにコントロールしたかったんじゃなくって、わたしの幸せを望んでくれてたってことなんです。幸せになって欲しいから、自分が通ってきた道を、ここを通れば間違いないよ。って示してくれてたんです。

それと違うルートだったとしても、最初は反対するけど、わたしが覚悟決めて進んでしまえば、意外とすんなり受け入れてくれたし、いつも応援してくれました。

「学歴」や「安定」がわたしの親にとって結構大切なポイントだったの知ってたんです。だからそれを無くしたらショック受けちゃうんじゃないか、とか見放されちゃうんじゃないか。って不安だったこともあるんです。でも、やってみたら全然そんなことなかったです。あなたなら大丈夫だと思ってる。って言ってくれたことがあって、場合によっちゃあ私より私のこと信じてくれてたりするんですよね。笑。実家離れてみて初めて気づいたんですけどね、親の愛って偉大です。


ちなみに私はおもいきり母親似。

−−−−−−−−−−−−−−−

だから、もし本当はやりたいことがあるのに、親のために…とか、親が言うから…とかで動けなくなっている人がいたら、ぜひ安心して自分がやりたいことをやったら良いと思うんです。やりたいこと思い切りやって、わたしは順調です。って伝えてあげたら良いと思うんです。自分の人生だもの。

あー、これ書いてたら親への感謝がぐつぐつ湧いてきたので、今度実家に帰ったら、いつも味方でいてくれてありがとうってちょっくら伝えてみようと思います。誰かのせいで白髪が増えたと以前言われたので、ヘッドマッサージでもさせていただこうかな。笑。ではまた!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です